失業中の出費と収入

一ヶ月程前に主人が仕事を辞めて現在は失業中となります。失業してもローンの返済などは待ってくれるわけではなく、現在住宅ローン・車のローン・子供の奨学金等の返済があり、その他生活に欠かせない出費ももちろん毎月あるわけです。

 

出費の見直しから

決して高いとは言えない給料ではありますが、月に20万以上の収入が入ってこなくなった今、削れるところは削っていかなくてはいけません。
毎月の出費を減らすために、まず見直すのが食費等です。
日々品数を減らすことと、作れるものは買わずに作ること、安い食材を使うことにしました。
パンや簡単な調味料などは買うより作った方が断然安上がりになります。
ペットもいますが、さすがにペットにこれまで食べていたご飯を安くしたり量を減らすのも可哀想ですし、このことで万が一病気にでもなられたら更にお金もかかってしまうということで思い切ってネットでのまとめ買いをすることにしました。
これまでのように少しずつお店で購入していると、買い物に出かけた際に余計なものを買ってしまう恐れがあるのでこれを防ぐことにしたのです。
これはペット用品だけでなく、洗剤などの日用品もネットで購入し、カードのポイントが付くようにと変えてみました。
お店に行くことを減らすことで無駄買いも減らす作戦はかなり効果がみられます。
主人が仕事を辞めて家にいるので3食となりますが、これまでより抑えることができました。

 

他に見直したのは保険です。
夫婦でもかなり保険に入っていますが、医療などこういう時に解約してしまって病気になるパターンは怖いと考えているので解約することは考えませんでした。
唯一変えたことは車の保険です。
主人の車はまだローンが残っている状態で、車両保険にも入っていたのですがこれを外すと保険料が半分になります。
もちろん単独での事故も怖いですが、車に乗る頻度を極端に抑え保険料だけでなくガソリン代も節約をすることにしました。

 

後は趣味の部分です。
失業中に呑気に趣味なんて言ってる場合ではないことは重々承知ですが、主人も好きでやめたわけではなく趣味まで完全に取ってしまうとこれからの活力がなくなってしまうのも怖いので回数を半分以下に減らすことで合意です。

 

収入を増やす

私は今派遣をしていますが、必要な時だけオファーが来て仕事をして報酬を得るというスタイルで仕事をしている為固定給ではありません。
むしろ主人の扶養に入っていたくらいなのでかなり収入は少ないと言えます。
ですが、増やすことももちろん可能なので扶養はなくなったわけですから金額に気にせず仕事を増やすことにしました。
主人は失業手当の手続きを行い、手当てをもらっている間は年金の免除の申請も出します。
扶養に入っていた私の分も申請が出せるようなのでこの部分に関してはしばらくは免除でしのいでいくしかありません。
また、副業も始めました。
身内のお店の手伝いや日雇いのお仕事も見つけそれを私だけではなく主人にも行ってもらうことにしたのです。
失業保険はあまり稼ぎすぎると支給額が減額されたり、場合によっては停止されることもあるようなので計算しながらになりますが月に数万円程度です。

 

もちろん再就職が一番望ましいのですが、焦っても良い結果になるとは限らないので失業保険が給付される間は納得したところに就職が出来るように探してもらうつもりです。

 

これからの出費を考える

これまで社会保険・厚生年金でしたから引かれているとあまり払っている実感がわかないですが、これからは健康保険や町民税、年金(免除申請済みですが)などは通知が来るのでその都度支払わないといけません。
食費や雑費は今までも私の収入から出していましたがその分をカバーするくらいで限界だと思います。
また、主人の口座からは住宅ローン・車・携帯・生命保険・光熱費等で毎月約15万引かれていきます。

 

失業手当もすぐに振り込みが開始するわけではないのでこの出費はしばらく貯金から賄うしかないという状況です。
ボーナス払いなどは設定していなかった為、大きく引かれることはありませんが、火災保険などは年払いにしている為時期がくれば一括で引き落とされます。
今の心配は貯金がいつまでもつかというところになるでしょう。

 

子供の奨学金の返済ですが、今は就職し社会人となっている為少し負担してもらうこととします。
もちろんこれまでも家に生活費はわずかですが入れてくれていましたが、将来を考え全て定期預金をしていました。
ですが、このお金を生活費に回すこととします。

 

失業手当の金額

手当をローン返済の一部に充てるつもりでいますが、今の段階ではいくら支給されるかも分かりません。
過去半年の給料を6ヵ月で割った平均からの何割で計算するらしいのですが、状況等も考慮され支給額が決まるようです。
しかし、元々給料自体は安かったためローン返済まで賄えないという可能性もあるわけです。

 

申請してから早くて3ヶ月後に振り込みが始まるというのも正直こちらとしては遅いと感じましたが、貰う身ですから我慢するしかありません。

 

以上が今のところの失業中の支払いや収入などを考えた結果になりますが、このこと以外でもきっと予期せぬ事態というのは起こるような気がします。
辛い状況の時に限って色々と起こるものです。

 

実際主人の精神的な面では色々起こっており、喜怒哀楽も激しく情緒不安定になっているのが現状です。
今まで仕事をしてきて急になくなってしまったわけですから仕方ない事なのかもしれませんが、うつ病にでもなってしまうのではないかと心配です。
このお金の問題は主人が再就職を決めるまでと思っているわけですが、働けない状態になってしまうことが何よりも怖い事かもしれません。
まだ下の子供はこれから高校、大学と控えています。
このままだと進学なんて無理なのではないか?
きちんと学校に行かせることができるのか?
その時安定した収入があるのか?
と考えてしまうことは山ほどといったところですが、今は家計も家庭も金銭面や精神面も支えていくのは私だけと思っているのでまずは自分が負けないように頑張っていくしかないですね。

 

怪しいところからお金を借りない

金欠の時に注意したいのが、キャッシングやローンです。返済能力が無くてもお金を借りられるので、返済できなかったり多重債務になります。
最悪の場合、借金が膨らみ過ぎて返せなくなると、自己破産しなければいけません。そうならないように、闇金に手を付けてしまう人もいます。キャッシングやローンと違って闇金は貸金業者ではありませんから、借りてしまうと取り立てもキツイし金利が高いので非常にやっかいです。
万一、闇金から借りてしまったら弁護士に相談しましょう。専門家が解決してくれます。詳細はこらのサイトをご覧ください。闇金相談弁護士レポ

更新履歴